あまり知られていないパワーポイント活用のメリット



あまり知られていないパワーポイントのメリットをまとめてみました。


ローカライスに便利

パワーポイントの最大のメリットは、内容を簡単にローカライズができるところです。 例えば、海外展開をされている企業の場合、日本国内用として作ったパワーポイントを、海外現地でテキストだけを変えて英語版としたり、中国語版としたりすることができます。また、国内に営業所がたくさんある企業の場合、営業所ごとに内容を差し替えることもできます。​


印刷データに使える

多くの場合、カタログ等の印刷データはIllustratorやInDesignで作られていますが、最近ではパワーポイントによる印刷データ作成も増えてきました。左記のように、海外におけるローカライズの需要からです。パワーポイントの場合、専門業者でなくてもテキスト修正くらいはできるため、パワーポイントデータを印刷データとしている企業様もございます。​


リースナブルなPVとしての活用

PV(販促ビデオ)を作りたいが、ビデオを制作するほどの予算がないといった場合、パワーポイントで簡易PVを作るという手もあります。パワーポイントで作成したデータをMP4などの動画データに変換し、利用できます。

店頭や展示会などでプロモーション用、または説明用のビデオとして活用されています。

BGMや効果音、ナレーションも入れられます。

また、このムービータイプを、標準プレゼンタイプの冒頭やエンディングに差し込むこともよくあります。


WEBデータとしての活用

ページリンク機能を持たせて作成したパワーポイントをhtml変換することで、WEBデータが作成できます。WEBタイプというよりも、WEBデータそのものです。


#動画 #印刷データ #WEBデータ #ローカライズ

Copyright © フォーセゾン All Rights Reserved. 大阪府大阪市北区東天満2-2-15 第六新興ビル406号