パワーポイント制作業者はどうやって選べばいい?



パワーポイントの制作業者はいくつかのタイプがありますので、目的に合った業者を選ぶ必要があります。


パワーポイント制作業者のタイプ


1.入力代行業者タイプ

非常に格安で作成代行を行なっている業者さんです。社内にパワーポイントを使える人がいないといった場合や、内容的にデザイン性には特にこだわらないという場合は、こういった業者さんに発注するのがいいかも知れません。デザインクオリティの高さを求める場合は、ちょっとミスマッチとなります。


2.プレゼン屋さんタイプ

プレゼンテーター出身の方によるパワーポイント制作屋さんです。プレゼンのためのパワーポイント制作に特化していますから、プレゼン上の要所をよく押さえており、見せ方も非常にユニークでインパクトもあります。見る人を惹きつけるコツをよく押さえています。

ただ、パワーポイントデータをプリントアウトして紙で配って使用するといった目的の場合は、向いていないこともあります。各ページのデザインクオリティが低いこともあり、パンフレット感覚で使用するのは難しい場合もあります。


3.映像屋さんタイプ

映像系の仕事に関わっていた方がパワーポイントを作成することもあります。数的には少ないとは思いますが。映像のように流れるようなスムージングな表現に特徴があります。映像的に使用するパワーポイントの制作に合っています。

ただし、これもプレゼン屋さんタイプの業者さんと同様に、パワーポイントデータをプリントアウトして紙で配って使用するといった目的の場合は、向いていないこともあります。


4.デザイン屋さんタイプ

主にグラフィックデザイン系の出身者によるパワーポイント作成です。キャッチフレーズの立て方やレイアウトの仕方、スペースの取り方など、広告表現の基礎に基づいたデザインが強みで、各ページ単体で見た場合のデザインクオリティが高いのが特長です。プレゼンで使ったデータをそのままプリントアウトして配布する場合や、PDFにして配布する場合などには、特に強みを発揮します。


弊社は4つ目のデザイン屋さんタイプになりますが、特に守備範囲を限定しているわけではありません。それぞれの目的に応じて、最適な表現を心掛けています。プレゼンスタイルからムービータイプ、WEBタイプまで、すべてのニーズに対応致します。


#業者 #制作代行

Copyright © フォーセゾン All Rights Reserved. 大阪府大阪市北区東天満2-2-15 第六新興ビル406号